メインメニューを開く

戦後野球マンガ史 手塚治虫のいない風景

米澤嘉博

戦後すぐから現在まで、少年たちを魅了し続けてきた野球マンガ。井上一雄の「バット君」を出発点として、「背番号0」「ちかいの魔球」等。そして梶原・川崎コンビの「巨人の星」は日本中を熱狂させた。さらに「アストロ球団」、水島新司の作品群、「キャプテン」「タッチ」と多くの傑作を生み、今も読み継がれている。手塚治虫が手掛けなかった世界を、少女誌、青年誌まで目配りして書き上げた、日本初の野球マンガ史。

用語や登場人物

用語や人名
解説

メモ

  • 明治の野球撲滅論の話あたりから書き起こしているらしい。

書誌情報

話題まとめ

資料リンク

リンク

TrackBack