メインメニューを開く

ミッション・スクール あこがれの園

天皇家にミッション・スクール出身者が嫁ぐ例が続いた。事実、ミッション・スクールには、どこか「やんごとない」雰囲気が漂っている。こうしたイメージは、いかに形成されてきたのか。そしてそれは日本人について何を語っているのか。日本社会において独自の地位を保つミッション・スクール。その来歴を辿り、忌避と羨望のあいだを揺れ動いてきたイメージの変遷を浮き彫りにする。全国のミッション中・高校一覧つき。

佐藤八寿子

用語や登場人物

用語や人名
解説

メモ

  • 「元は華族の令嬢のためにつくられたという、伝統あるカトリック系お嬢様学校」(マリア様がみてる冒頭より引用)が存在し得ないにもかかわらず、「あるかもしれない」と読者に思わせるのはなぜか、というのが本書の主題
  • 明治・大正時代のミッション・スクールは「不敬である」と同時に「先進的西洋の具現」というアンビバレンツな存在
  • ミッション・スクール出身の女性の、ファム・ファタル的あつかい
  • 現在のミッション・スクールは、オシャレかつ古風なイメージとして消費されている

書誌情報

話題まとめ

チャットログ

http://www.cre.ne.jp/writing/IRC/write/2006/10/20061018.html#180000
世の中には「本願寺ミッションスクール」なるものが実在する(ハワイ)

書評

資料リンク

リンク

TrackBack