メインメニューを開く

ベストセラーの仕掛人 売れる本はどのように生まれるのか

2000年から2005年の、月刊『創』の出版特集号の座談会と、週刊「新文化」の「ベストセラー仕掛人」他のベストセラーをいかに作り上げていったかについての記事を、まとめた書籍。

出版をめぐる冒険2となっているが、同じのは装丁と版元だけのような気が。

監修
植田康夫
新文化編集部

売れる本はどのように生まれるのか、仕掛け人たちが内幕を明かす。出版界の動向とベストセラーの変遷について語る座談会、2000〜2005年話題のベストセラー「仕掛け」徹底研究の2部構成。「出版をめぐる冒険」の続編。

用語や登場人物

用語や人名
解説

メモ

  • 1974年の出版界最大の成長実績の正体は、オイルショックによる値上げ。
  • 毎日新聞のメディア接触率調査の書籍読書率は、1974年は40.7%、2000年は49%。
  • 近年の市場規模の減少要因の裏には、値下げ競争としての文庫・新書への傾斜がある。

書誌情報

話題まとめ

チャットログ

書評

資料リンク

リンク

TrackBack